ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

平家滅亡後、兄頼朝と対立関係になった義経を匿った奥州の武将は?

壇ノ浦で平家が滅びると、源氏一族内の争いが表面化します。兄頼朝と対立関係となった義経を匿った奥州の武将の名前を答えてください。

答えはこちら

藤原秀衡(ふじわらのひでひら)です。

秀衡は、後三年の役で生き残り奥州の統治者となった藤原清衡(ふじわらのきよひら)の孫です。奥州藤原氏3代当主となった秀衡は、朝廷や有力貴族に献金や貢物を送り中央政府と親密な関係を築きます。

源氏の御曹司である義経を手元に置き養育するなど、人材の育成にも力を入れました。以仁王の令旨によって各地の源氏が挙兵すると、義経も参陣するため奥州を離れます。

源平争乱では源氏と平氏どちらにつくこともせず中立を維持していた秀衡ですが、平家滅亡後に兄頼朝と不仲になった義経が再び秀衡を頼り落ち延びてくるとこれを受け入れ匿いました。

藤原秀衡系図(ふじわらのひでひらけいず)・奥州藤原氏

≪ 南都焼討ちの報復で壇ノ浦の戦い後に斬首された武将は? | | 1189年奥州藤原氏が滅亡した戦いは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.