ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

壇ノ浦の戦いで海中に没した天皇家の宝物(ほうもつ)は?

平家が滅亡した壇ノ浦の戦いで、歴代天皇が継承してきた宝物(ほうもつ)が失われたとされています。この宝物の名前を答えてください。

答えはこちら

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)です。

天叢雲剣は三種の神器(さんしゅのじんぎ)のひとつです。三種の神器とは歴代天皇が継承してきた宝物で、八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、天叢雲剣をさします。

平家が都落ちする際に三種の神器を持ち去り、壇ノ浦の戦いで海中に沈みますが、八咫鏡と八尺瓊勾玉は源氏によって回収されたとされています。

天叢雲剣は発見することができず紛失しましたが、天叢雲剣は形代(レプリカ)であったようです。三種の神器は長い歴史の中で、焼失や紛失にあいその都度、形代が造られたと考えられています。

現在、天叢雲剣は熱田神宮、八咫鏡は伊勢神宮、八尺瓊勾玉は皇居で保管されていますが、この中にオリジナルがあるのか、それともすべて形代なのかは不明です。

≪ 1185年平家が滅亡した戦いは? | | 南都焼討ちの報復で壇ノ浦の戦い後に斬首された武将は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.