ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

砺波山(となみやま)で平家軍と戦い勝利した源氏の武将は?

信濃国で挙兵し、砺波山(となみやま)で平氏軍と戦い勝利した源氏の武将の名前と、この合戦の名称を答えてください。

答えはこちら

源義仲(みなもとのよしなか)・倶利伽羅峠の戦い(くりからとうげのたたかい)です。

源義仲(木曽義仲)は、源義賢(みなもとのよしかた)の子です。頼朝は従兄にあたります。

以仁王の令旨を受取った義仲は信濃国で挙兵します。北陸に進出した義仲は平氏方の武将を攻略し勢力を拡大していきました。

平氏は平維盛を総大将に10万騎ともいわれる大軍勢を編成します。1183年義仲と維盛は越中と加賀の国境にある砺波山の倶利伽羅峠で激突しました。

義仲軍の兵はおよそ3万騎といわれ、数の上では圧倒的に不利な状況でしたが、義仲は配下の武将を維盛軍の背後に回り込ませ、夜襲を仕掛けます。

挟み撃ちにされた維盛軍はパニックとなり、多くの兵が倶利伽羅峠の谷底に落ちて命を落としました。

源義仲系図(みなもとのよしなかけいず)・木曽義仲系図

≪ 水鳥が飛び立つ羽音に驚いた平氏軍が敗走した戦いは? | | 義仲追討の院宣を得て京に侵攻した源氏の武将は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.