ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1180年平氏打倒の令旨(りょうじ)を発して挙兵した皇族は?

後白河法皇の皇子が1180年に平氏打倒の令旨を諸国の源氏に発し挙兵しました。この皇子の名前を答えてください。

答えはこちら

以仁王(もちひとおう)です。以仁王は後白河天皇の第三皇子ですが、平清盛の娘 徳子が産んだ安徳天皇(あんとくてんのう)が即位したことにより、皇位継承の望みを絶たれました。以仁王は安徳天皇の祖父 清盛を打倒すべく摂津源氏と手を結びます。諸国の源氏に平家打倒の令旨を送り挙兵を促しますが、事が露見したため自ら挙兵しました。平氏の追討を受けた以仁王は、興福寺に逃れる途中で討死したと伝わっています。 以仁王の挙兵・以仁王系図(もちひとおうけいず)

≪ 1177年に起きた平氏打倒の企ては? | | 1180年平氏打倒の兵を挙げた摂津源氏の武将は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.