ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

平氏の財源となった貿易と港の名称は?

平氏の財政基盤とひとつが貿易による収入です。この貿易の名称と、清盛が改修した港の名前を答えてください。

答えはこちら

日宋貿易(にっそうぼうえき) 大輪田泊(おおわだのとまり)です。

平安時代中期以降、日本と宋との間で貿易が行われるようになります。国交を開いた正式な貿易ではなく、商人など民間人によるものでした。

平忠盛は宋との貿易に着目して取引を行うようになります。忠盛が始めた貿易は清盛の代になると、平氏の財政基盤のひとつになりました。

清盛は摂津にあった港 大輪田泊(現在の神戸港)を大規模に改修します。大輪田泊は風が強く、施設や船に度々損害を与えていたため、経ヶ島と呼ばれた人工島を造り風よけにしたのです。

貿易の拠点を築いた清盛は宋との間に正式な国交を開き貿易を拡大しました。

≪ 平氏一門の館があった場所は? | | 南都北嶺(なんとほくれい)とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.