ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1159年の乱で争った武家と貴族は?

保元の乱から3年、1159年に再び京で争乱が起こります。この乱の名称と争った武家と貴族の名を答えてください。

答えはこちら

平治の乱(へいじのらん)
武家・・・平清盛対源義朝
貴族・・・藤原信西(通憲 みちのり)対藤原頼信です。

保元の乱後、鳥羽院の近臣であった藤原信西(ふじわらのしんぜい)が勢力を伸ばします。信西は後白河天皇の乳母の夫でもあり、後白河天皇の信任を受けて荘園整理などの政策を実行しました。

信西は平清盛と手を結び政治の刷新をはかりますが、信西の手法に不満を持った藤原頼信(ふじわらのよりのぶ)と対立関係となります。

頼信は親密な関係であった源義朝の武力を背景に信西を排除する行動にでます。平清盛が熊野詣に出かけた隙に挙兵して信西を殺害したのです。

急ぎ京に戻った清盛は兵力を整え反撃すると、義朝軍を打ち負かし京から一掃しました。頼信は捕縛され斬首、義朝は東国へ落ち延びる途中家臣に殺害されました。

≪ 1156年の乱で戦った源氏と平氏の武将は? | | 平氏一門の館があった場所は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.