ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1156年の乱で戦った源氏と平氏の武将は?

1156年の乱で天皇方と上皇方に分かれて争った、源氏と平氏の代表的な人物を答えてください。

答えはこちら

後白河天皇方・・・平清盛(たいらのきよもり)、源義朝(みなもとのよしとも)

崇徳上皇方・・・平忠正(たいらのただまさ)、源為義(みなもとのためよし)、源為朝(みなもとのためとも)

平忠正は平清盛の叔父。清盛の父忠盛の弟が忠正です。

源為義は義朝と為朝の父です。義朝は父や弟と戦ったことになります。

敗北した忠正と為義は斬首となり、為朝は伊豆大島へ流罪となりました。保元の乱相関図はこちら

保元の乱 源氏と平氏系図

≪ 1156年に起きた乱で対立した摂関家の人物は? | | 1159年の乱で争った武家と貴族は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.