ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

官吏の殺害で追討され源氏が一時衰退する原因をつくった人物は?

九州と出雲で官吏を殺害したため、平氏によって追討された源氏の武将は誰でしょう?

答えはこちら

源義親(みなもとのよしちか)です。

源義親は八幡太郎と呼ばれた源義家の子です。

義親は対馬守在任中に官吏を殺害し逃亡する事件を起こします。逃亡先の出雲で再び官吏を殺害したことで朝廷から追討を受け、平正盛(たいらのまさもり)によって討たれました(源義親の乱)

義親の父義家は、後三年の役の鎮撫などで活躍し、その功績が認めれて武士として初めて院への昇殿を許されました。しかし、義親の反乱や一族内の対立により源氏は一時没落します。かわりに義親を討った伊勢平氏(いせへいし)が勢力を伸ばしていきました。

源義親(みなもとのよしちか)系図・源義親の乱

≪ 989年百姓たちの訴えによって尾張国司(受領)を解任された人物は? | | 伊勢平氏が中央政界に進出するきっかけをつくった人物は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.