ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

不入の権(ふにゅうのけん)・検田使(けんでんし)とは?

不入の権とはどのような権利でしょうか?また検田使の職務についても答えてください。

答えはこちら

■不入の権(ふにゅうのけん)・・・国司が派遣する役人の荘園内への立入りを拒否できる権利。

■検田使(けんでんし)・・・荘園を調査するため国司が派遣する役人。

一般的な荘園は、課税額を算出するための調査を受けます。このとき国司が派遣する役人を検田使といいます。検田使は荘園側に不正がないかどうかを厳しくチェックします。

検田使は課税対象を増やし税収を上げようとします。そのため申請漏れの荘園や新たに開墾した土地がないかを徹底的に調べるのです。

しかし、不入の権という特権を獲得した荘園は検田使の立入りを拒否することができます。のちには警察権の介入も拒否するようになりました。

≪ 不輸の権、官省符荘、国免荘を簡潔に説明してください。 | | 鹿子木荘(かのこぎのしょう)とはどのような荘園ですか? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.