ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

荘園の領家(りょうけ)、本家(ほんけ)、開発領主の関係は?

荘園の所有者に関する、領家(りょうけ)、本家(ほんけ)、開発領主の関係を簡潔に答えてください。

答えはこちら

開発領主・・・未開墾地を開墾した土地(荘園)の最初の所有者。

領家・・・開発領主から荘園の寄進を受けた、土地の実質的な所有者(貴族や寺社)

本家・・・領家から荘園の寄進を受けた名目上の所有者(摂関家や皇族)領家から名義料を受け取る。

11世紀中ごろになると、開発領主の私有地(荘園)を侵害する国司が増加します。これに対抗するため開発領主は中央の貴族や寺社に荘園を寄進して自分たちの利権を守ろうとしました。

開発領主から寄進を受けた領家は土地の所有者となり、開発領主たちを荘官として雇い荘園の管理を任せます。

さらに領家は自分よりも地位の高い権力者に荘園を寄進して名目上の土地所有者とすることで不輸、不入の権利を獲得しました。

荘園の所有 領家(りょうけ)、本家(ほんけ)、開発領主の関係

≪ 未開墾の土地を開墾して所有者となった者は? | | 荘官、預所、預所代、下司、公文、荘民の関係性や違いは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.