ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1069年の荘園整理令とそのとき設置された機関の名称は?

1069年後三条天皇が行った荘園整理令の名称とそのとき設置された審査機関を答えてください。

答えはこちら

延久の荘園整理令(えんきゅうのしょうえんせいりれい)
記録荘園券契所(きろくしょうえんけんけいじょ)です。

藤原氏を外戚に持たない後三条天皇は親政を行い、藤原氏の権力増大を阻止する政策を行います。そのひとつが延久の荘園整理令です。

藤原氏や寺社が所有する広大な荘園は必然的に国衙領の減少を招き財政悪化の原因となっていました。

これまでの天皇も荘園の数を増やさないよう荘園整理令を実施していますが、藤原氏などの荘園は手つかずの状態で効果が上がっていなかったのです。

そこで後三条天皇は記録荘園券契所という役所を新たに設置して荘園の審査を行います。

荘園所有者が提出した券契(荘園に関する書類)を調査して、不正のある荘園や所有者があいまいな荘園を整理していきました。

藤原氏や寺社の荘園も対象になったため一定の効果はありましたが、後三条天皇の在位期間がわずか4年と短くその後は尻すぼみとなりました。

≪ 1068年に即位した藤原氏を外戚としない天皇は? | | 後三条天皇の荘園整理令で使用された枡(ます)は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.