ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

争乱の鎮圧、盗賊や海賊の討伐などを任務とする令外官は?

平安時代に新設された令外官で、争乱の鎮圧、盗賊や海賊の討伐などを任務とする官職を2つあげてください。

答えはこちら

押領使(おうりょうし)と追捕使(ついぶし)です。

どちらも争乱の鎮圧、盗賊や海賊の捕縛などを任務にしています。押領使が8世紀後半、追捕使が10世紀前半に設置されたと考えられています。

当初は臨時の官職でしたが、承平・天慶の乱以降はどちらも常設となりました。

押領使の代表的な人物は、平将門の乱を鎮圧した下野押領使藤原秀郷(ふじわらのひでさと)、追捕使の代表的な人物は、藤原純友の乱を鎮圧した小野好古(おののよしふる)です。

≪ 八幡太郎(はちまんたろう)と呼ばれた源氏の武将は? | | 武士の棟梁に仕えた家臣たちを何と呼んでいますか? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.