ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1028年平氏が関東で起こした反乱は?

平将門の乱以降も関東で勢力を保持した平氏の一族が1028年に起こした乱を何と呼んでいますか?

答えはこちら

平忠常の乱(たいらのただつねのらん)です。

所領をめぐる一族内の争いから争乱へと発展した平将門の乱ですが、その将門を討った貞盛は鎮守府将軍となりその後も出世を重ねました。貞盛の系統からのちに平清盛が出ます。

将門の乱以降も平氏一門は関東に勢力を保持して度々国司と争いを起こしていました。1028年に平忠常が上総国の国衙を襲撃する事件が勃発!朝廷は追討使を派遣しますが、忠常の頑強な抵抗にあい鎮圧できず争乱は下総国や安房国まで広がります。

朝廷は新たに源頼信(みなもとのよりのぶ)を追討使に任命して関東に派遣します。忠常はこれ以上の抵抗は無理だと考え頼信に投降して乱は終結しました。

忠常は京に送られる途中に病死します。忠常の乱以後関東では源氏が勢力を伸ばすことになります。

平忠常系図(たいらのただつねけいず)・1028年平忠常の乱

≪ 939年瀬戸内海の海賊が起こした反乱は? | | 1051年陸奥国で起きた反乱は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.