ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

969年に起こった政変と失脚した人物は?

969年醍醐天皇の皇子が謀反の疑いをかけられ失脚する事件が起こります。このとき失脚した人物の名前と事件名を答えてください。

答えはこちら

源高明(みなもとのたかあきら)、安和の変(あんなのへん)です。

源高明は醍醐天皇の第10皇子で、源姓を賜り臣籍に下った人物です。冷泉天皇が即位すると左大臣に昇進して政界で勢力を伸ばします。

969年皇太子 守平親王 もりひらしんのう(のちの円融天皇)の廃位を画策する陰謀があると源満仲(みなもとのみつなか)が密告します。この陰謀に源高明も関与していたとされ大宰府に左遷されました。

この事件は源高明の権力拡大を恐れた藤原氏(藤原師尹 ふじわらのもろただ)の陰謀だとされています。

事件後、藤原師尹は右大臣から左大臣に昇進し、密告した源満仲はその功績により主要な国の国司を歴任します。その後、摂津国に土着して武士団を従え摂津源氏(多田源氏)の祖となりました。

≪ 醍醐天皇、村上天皇が行った親政は? | | 平安時代 藤原氏の他氏排斥事件を年代順にあげてください ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.