ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

842年橘氏、伴氏(大伴氏)が失脚した事件は?

842年皇位継承をめぐり事件が起こります。この政変により橘氏、伴氏(大伴氏)が失脚し、藤原氏の勢力が拡大しました。この事件を何と呼んでいますか?

答えはこちら

承和の変(じょうわのへん)です。

仁明天皇(にんみょうてんのう)の皇太子は叔父である淳和上皇(じゅんなじょうこう)の皇子恒貞親王(つねさだしんのう)です。

しかし、仁明天皇には藤原良房の妹との間に生まれた実子道康親王(みちやすしんのう)がいました。

藤原良房の権力が拡大する中で、恒貞親王の側近である伴健岑(とものこれみね)と橘逸勢(たちばなのはやなり)は親王の身を案じ東国に移るよう密かに画策します。

しかし、この計画を察知した藤原良房によって伴健岑と橘逸勢は逮捕され流罪となりました。

恒貞親王は事件に直接関与していなとされながらも皇太子を廃され、代わりに道康親王が皇太子となります。

この事件は道康親王を皇太子の座に就かせたい藤原良房が仕組んだ謀略であったといわれています。道康親王はのちに即位して文徳天皇 (もんとくてんのう)となります。

≪ 人臣で初めて摂政(せっしょう)に就任した人物は? | | 866年伴氏(大伴氏)と紀氏が没落するきっかけとなった放火事件は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.