ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

人臣で初めて摂政(せっしょう)に就任した人物は?

皇族以外で初めて摂政(せっしょう)の座に就いた人物の名前を答えてください。

答えはこちら

藤原良房(ふじわらのよしふさ)です。

藤原良房は北家藤原冬嗣の子です。良房は自分の娘明子(あきらけいこ)を文徳天皇に嫁がせ外戚として権力を拡大します。

明子が惟仁親王(のちの清和天皇)を産んだことでその権勢はさらに強まりました。

良房はライバルとなる橘氏、伴氏、紀氏などを謀略によって退け人臣で初めて摂政に就任しました。

良房が摂政となった時期については858年説と866年説があります。

858年文徳天皇が崩御すると清和天皇が即位します。良房は幼少の清和天皇に代わり政治を行います。実質的な摂政。

866年清和天皇が摂政宣下の詔を発し良房を正式に摂政に任命しました。正式な摂政就任。

≪ 格式とは何でしょうか?また三代格式の名称も答えてください | | 842年橘氏、伴氏(大伴氏)が失脚した事件は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.