ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

一区画の土地の耕作者を一人の農民に限定した政策は?

太閤検地によって、一区画の土地の耕作者は農民一人に限定されます。この政策を何と呼んでいますか?

答えはこちら

一地一作人(いっちいっさくにん)です。

三世一身の法、墾田永私財法により律令制の原則である公地公民が崩壊します。私有地である荘園が広まり、さらに平安時代中期以降の寄進地系荘園の拡大により、土地の権利は複雑化しました。

室町時代末(戦国時代)に勢力を伸ばした戦国大名が荘園を侵略したことで、実質荘園公領制は崩壊します。

豊臣秀吉は太閤検地を実施して、土地の面積や耕作者を調査すると、一筆(いっぴつ)の土地の耕作を一人の農民に限定する制度を定めました。

一筆とは土地一区画を意味します。土地の権利を明確化することで中間搾取を排除し、管理や徴税をしやすくするための政策です。

≪ 検地において土地1反当たりの生産量を何と呼んでいますか? | | 検地に反対して起きた大規模な一揆は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.