ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

検地において土地1反当たりの生産量を何と呼んでいますか?

土地の質によって1反当たりの見込み生産量が決められます。この1反当たりの生産量を何と呼んでいますか?

答えはこちら

石盛(こくもり)です。

太閤検地では主に土地の面積、土地の質、耕作者名などを調査して検地帳に記載しました。土地は田畑だけでなく屋敷も含まれます。

田畑は質によって上、中、下、下下に分類され、基本となる生産量が決められました。同じ1反でも農作物がよく育ちたくさん収穫できる土地もあれば、収穫量が少ない土地もあるので、不公平が生じないように質も調査されたのです。

太閤検地では、上田は1反につき1石5斗、中田は1反につき1石3斗、下田は1反につき1石1斗と定められ、下下田については役人の判断に任せています。屋敷は原則1石2斗です。この1反当たりの生産量が石盛です。石盛に面積を掛けると石高になります(石盛X面積=石高)


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 貫高(かんだか)と石高(こくだか)の違いは? | | 一区画の土地の耕作者を一人の農民に限定した政策は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.