ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

豊臣秀吉が鋳造した金貨は?

豊臣秀吉が後藤徳乗(ごとうとくじょう)に命じて鋳造した金貨を何と呼んでいますか?

答えはこちら

天正大判(てんしょうおおばん)です。

1588年豊臣秀吉が彫金師 後藤徳乗に命じて鋳造した金貨が天正大判です。

サイズは縦15cm 横10cmで、重さは165g、金の含有量はおよそ73%とされています。表面には「拾両」「後藤」の文字と「花押」が墨書きされています。

菱形をした桐紋の極印(きわめいん)が上部に一箇所、下部に二箇所打たれているので「菱大判」とも呼ばれます。

天正大判は朝廷や公家などへの贈答品、家臣への恩賞として使用されたと推測されています。

≪ 豊臣政権の財政基盤となった直轄領は? | | 豊臣秀吉が全国で実施した検地の名称は?面積と容積の単位は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.