ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

豊臣秀吉が石山本願寺跡地に築城した城は?

1583年 豊臣秀吉が石山本願寺跡地に築城した城の名前を答えてください。

答えはこちら

大坂城(おおさかじょう)です。

織田信長と浄土真宗本願寺派との戦い(石山合戦)で焼失した本願寺跡地に、豊臣秀吉が築城した城が大坂城です。

5層の天守を持つ巨大な城で、本丸完成後も改修を重ね、豊臣秀頼の頃には惣構を構築して難攻不落の城と呼ばれました。大坂冬の陣では城の南側に真田丸が築かれ、徳川の軍勢を撃退しています。

夏の陣により豊臣時代の大坂城は焼失します。その後大坂城は徳川幕府によって再建されますが、1665年の落雷で天守が焼失したため、以後天守なしの城となりました。昭和に入り再び天守が再建され現在に至ります。

≪ 南奥州平定を目前に豊臣秀吉に服従した戦国大名は? | | 豊臣秀吉が大内裏跡に築城した城と行幸した天皇は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.