ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1584年 羽柴秀吉と徳川家康が戦った合戦は?

天下統一を進める羽柴秀吉は、1584年 織田信長の同盟者であった徳川家康と尾張国で戦います。この合戦の名称を答えてください。

答えはこちら

小牧長久手の戦い(こまきながくてのたたかい)です。

明智光秀、柴田勝家を倒し、織田信長の後継者として天下統一を進める羽柴秀吉と、信長の同盟者であった徳川家康が1584年尾張国で戦った合戦が小牧長久手の戦いです。

秀吉と協力関係にあった信長の次男 織田信雄(おだのぶかつ)が秀吉と仲違いすると、家康は信雄を支援して秀吉に対抗します。両軍は出陣して尾張国小牧山で対陣します。

兵力で圧倒する羽柴軍でしたが、作戦を徳川方に見破られ池田恒興、森長可が討死するなど大敗北を喫します。その後は膠着状態となりますが、秀吉が信雄を懐柔して講和を結んだことで戦いは終結しました。

≪ 1583年 羽柴秀吉と柴田勝家が戦った合戦は? | | 1585年羽柴秀吉が就任した官職は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.