ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

アポイントメントのあるお客様への対応

アポイントメントのあるお客様を接客する時と、アポイントメントのないお客様を接客する場合では、対応が異なってくることでしょう。


しかし、どちらの場合でも失礼のないように対応できるように、ビジネスマナーを習得しておかなければなりません。ビジネスマナーを習得しておけば、どのような場合においても心をこめた接客ができるはずです。


アポイントメントのあるお客様を接客する際には、担当者に案内すれば問題ないのですが、アポイントメントのないお客様を接客する際には、ビジネスマナーを習得しているかどうかで対応に差が出てきます。


まず、最低限のビジネスマナーとして、お客様がいらっしゃったら必ず挨拶をしましょう。そして、接客の中で事前にお約束をいただいているかどうかを確認します。約束や目的など、内容がしっかり確認できているかどうかは、今後のやり取りに大きく関係してきます。


内容をしっかり確認することは大切ですが、スピーディな接客を心掛けることも忘れてはいけません。もし担当者がいる場合は、確認した内容をてきぱきと伝えます。もし担当者がいない場合は、お客様に謝罪をした上で、お客様のご要望をお伺いするようにしましょう。


接客に関するビジネスマナーはとても奥が深いものです。お客様に失礼のないように対応することも、ビジネスマナーのひとつなのです。

≪ 接客のビジネスマナー について |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.