ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

様々な料理で使用されるハーブ

ガーデニングでハーブを作り、お料理に使うのも楽しいですよね。ハーブといってすぐに脳裏に浮かぶのは、リラックス効果のあるカモミールやレモングラスなどを使ったハーブティーではないでしょうか。


西洋から伝わったという印象が強いハーブですが、日本でも料理に使われるネギやショウガや大葉などもハーブの一種です。ハーブという名前は目新しくとも、日本人は同じように薬味として昔から料理に使用してきています。


現代では多くの場合、肉や魚などの消臭効果を目的にして、ハーブは料理に使われます。有名なのは胡椒でしょう。肉を保存する技術の劣っていた大航海時代では、殺菌作用なども珍重されて金と同等の価値があったようです。


ブラックペッパーは牛肉、ホワイトペッパーは魚料理に相性が良いとされています。他にも、肉料理の風味づけとして使われるローズマリー、挽き肉に良く使われるセージは材料の匂い消し、香り高いタイムやバジリコなどは、ハープ自身が持っている香りを生かした料理に使われたりもします。このように、ハープは使用する料理の材料で使い分けられています。


一例ではありますが、ここにあげられたハーブのほとんどはガーデニングでも育てることができます。材料の臭み消しだけでなく、風味付けや殺菌作用。生姜には発汗作用があることも知られています。手塩にかけて育てたハーブで、新しい手作りの料理レシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

≪ ハーブを育てやすいベランダガーデニング | | 春に楽しめるハーブの種類 ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.