ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

複数のハーブを育てる場合、栽培傾向や栽培環境に気をつける

ハーブにはたくさんの種類があります。香りや効能や使い方も違いますが、根付き育成する条件も多岐にわたっています。例えば乾燥を好む種類や、湿気を好む種類。太陽の光を好むハーブもあれば、日影を好むハーブもあります。


一種類だけではなく、何種類かのハーブを育てる時は、栽培傾向が同じ傾向にあるハーブを選ぶようにした方が良いでしょう。日差しの良い場所でのガーデニングであるならば、なるだけ日光を好む種類や、日光に強い種類のハーブを選んで植えるなどすると、あまり手がかからず効率の良い栽培が出来るでしょう。


日当たりだけでなく、湿気の多い少ないもガーデニングでハーブを育てる時には気をつける必要があります。日当たり・乾燥についてだけでも、「日当たり・多、湿気・多」「日当たり・小、湿気・小」「日当たり・多、湿気・小」「日当たり・小、湿気・多」などの条件で括ることができます。また植え付け時期や、好む土壌などでも、選ぶハーブは変わってきます。


複数のハーブをガーデニングで育てる場合は、下調べをきちんとした上で、相性の良いハーブ同士での取り合わせを考えましょう。ハープにとっても相性の良い環境で育つことができればストレスもなく、多くの収穫が期待できると思われます。

≪ 自分好みのハーブを育てよう! | | 自分だけのブレンドハーブティー ≫

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.