ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

不動産投資の確定申告 サラリーマンの副業と税金

サラリーマンの方が副業を行う場合、税金の申告(確定申告)は基本的に自分で行うことになります。現在、サラリーマンに人気の副業として不動産投資が注目されています。


なぜ、サラリーマンの方に、不動産投資を始める方が多くなったのでしょう。ズバリ、損益計算が可能ということが、不動産投資をスタートさせる要因となっています。


この損益計算とは、何なのでしょう。損益計算とは、税金対策の事を意味しています。会社に属しているサラリーマンの方は、年末調整というものがあります。不動産投資を行うことで、給料以外の収入を得る事になります。


この場合、自分で確定申告を行うことになるます。ここで登場するのが、損益計算です。上手く活用することが出来ると、税金を減らす事が可能となるのです。抑える事が出来る税金は、住民税や所得税です。


損益計算というのは、その年に利益が出たのか、それとも損失が出たのか、といった収益を合計して計算します。不動産投資をしているサラリーマンの方は、不動産で得た利益と給料を合算させます。


不動産収入とは、入ってきた利益分だけではなく、不動産投資を行った上で掛った費用を収入から引いた額になるので注意しましょう。固定資産税、修繕費、住宅ローンの利息、損害保険料、減価償却費を不動産投資で得た利益から引くことになります。これらの掛った費用を引くと、収支が赤字になってしまう事もあるのです。


赤字になることによって住民税や所得税として払わなければならない金額が減ることになります。折角不動産投資を行っても利益が上がらないとがっかりしてしまうでしょう。不動産にはとてもお金がかかります。これは仕方のない事です。ですが、サラリーマン時代は税金を安く済ませる事が出来るのです。

不動産投資と節税

≪ 投資するのは中古物件か新築物件か? | | 不動産投資初心者 失敗しないために注意することは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.