ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

投資するのは中古物件か新築物件か?

不動産投資をする不動産は、何も新築の物件ばかりではありません。中古の物件もあります。新築と中古の不動産で、良い点悪い点があるので、その点を踏まえよく考えた上で不動産投資をする物件を決めるようにしましょう。


新築不動産で投資を行う場合、新しいのでしばらくの間は建物の修理などのメンテナンスは必要にならないのが良い点と言えるでしょう。建物の設備も新しいので使いやすくて便利なので、入居者も確保しやすいと言えます。その分、新築で不動産投資をする場合はそれなりの投資金額が必要になります。


ローン分を回収しようとなると、当然家賃を高めに設定する必要が出てきます。しかし、家賃が高くなってしまうと入居者が集まらないのではという不安も出てくるでしょう。空室が多くなれば、当然家賃を下げなくてはいけなくなり利益があまり出なくなってしまう事も考えられます。


不動産投資する不動産が、利便性の良い所にあるのかも調べておく必要があります。中古物件に不動産投資を行う場合は、すでに入居者がいる場合も多いので、すぐに収入に繋がるという事が利点ではないでしょうか。不動産投資する物件の値段も、新築に比べると安く済みます。


ただし、新築に比べると当然ですが、建物のメンテナンスをすぐにしなくてはならなくなる場合もあります。不動産投資を行う前にきちんと見ておくべき個所は、トイレやキッチンなどの水回りです。


築年数にもよりますが、考えていた以上にメンテナンスに費用が必要になってしまう事もあります。不動産の間取りだけではなく、駐車場や共有部分も調べておくと安心です。

不動産投資物件選び

≪ 不動産投資の物件選び | | 不動産投資の確定申告 サラリーマンの副業と税金 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.