ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

家庭菜園の肥料 元肥と追肥

家庭菜園で必要になるもののひとつが肥料です。この肥料は野菜を健康で大きく育てるために重要な役割を果たしています。肥料には種撒きの時や苗を定植する前に行う元肥と、苗が大きくなる時に与える追肥があります。


また、肥料には即効性のある肥料と効果が持続するタイプとの2種類があり、目的によって選ぶ事が出来ます。追肥については、野菜から少し離れた場所に置くようにすると良いです。2~3回に分けて置くようにしましょう。


家庭菜園で行う追肥は、野菜の育ち方に合わせて、行うとより一層効果が現れます。液体肥料や硫酸カリ、化成肥料が良く使われます。野菜の状態を見ながら肥料を使い分けると、成長が促されます。


例えば、根の付き方が思わしく無い場合には、過リン酸石灰を与えます。実の数を増やすようにしたいのなら化成肥料を使うと良いでしょう。また、元肥は家庭菜園で使う土を20cm~30cmほどの深さに堀り、野菜の根から豊富な栄養分を吸わせるようにします。


注意すべき点は、野菜の根に直接肥料が触れないようにすることです。直接触れてしまうと、根を痛める原因にもなります。元肥の上に土を少し掛けてから種を置いたり、苗を植えるようにしましょう。


プランターを利用する場合にも同様です。土の量に合わせて丁度よくなるように気をつけるようにしましょう。家庭菜園を行う上で、元肥として使われているのは、発酵させた油かすや堆肥です。


初めて家庭菜園で野菜を作ろうと思うのなら、堆肥を使うと良いです。
配合肥料は家庭菜園の初心者向けです。簡単で使いやすいのが特徴で、固形タイプの追肥は楽に使えるので、お勧めいたします。

≪ 家庭菜園の道具は通販で揃える | | 家庭菜園向きの果物 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.