ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ボウリング マイボールとハウスボール

ボウリングの上達を本気で目指しているなら、マイボールを持つことをおすすめします。ボールならボウリング場でハウスボールを借りればよいという人も多いのですが、ハウスボールとマイボールでは、使い勝手がかなり違います。


というのも、ボウリング場のハウスボールは万人向けに作られているため、自分の手にピッタリと合うとは限らないからです。例えば、親指の太さは個人差が大きいので、ボールの親指用の穴は大きく作られています。


すると、ハウスボールは抜け落ちやすくなるので、持つ時に必要以上に力を入れてしまいがちです。これが、ボウリングの上達を妨げることもあるのです。マイボールにすれば、ボールの穴は自分の指の太さなどに合わせて開けてもらうことができるので、楽にボールを持つことができます。


その分、いつものハウスボールの重さよりも1~2ポンド多くても、違和感なく持つことができるのです。また、ボウリングの上達に伴って、ストレートをメインに投げたい、カーブで攻めていきたいなど、好みや希望が出てきます。マイボールであれば、それらの希望も実現可能なので、その時点で持つことを検討するのもよいでしょう。


マイボールは、アスリートに例えるとシューズと同じです。自分の足の形や、好みの履き心地に合うシューズを履くことで、より早く走ることができるのではないでしょうか。ボウリングも上達してスコアを上げるには、自分に合う道具を揃えることも大切です。

≪ ボウリングを投げるときの助走・4歩助走 | | ボウリングを独学で学ぶ ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.