ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ピアノ個人レッスン 先生の選び方

個人の先生にピアノを習う場合、どのようにして先生を選ぶと良いのでしょうか。方法は色々ありますが、おすすめなのは発表会を見に行くことです。発表会というのは、それぞれの先生の考え方や、指導方法などが表れる場だからです。


自分が弾きたいという曲を習うことができそう、あるいはポピュラーなピアノ曲を中心に習うことができる、目標を高く持つために、少し難しい曲を習わせてくれる、など、先生にも様々なタイプがあることが分かります。


ピアノの先生の中には、生徒が少ないために発表会を行わない先生もいます。人前でピアノを弾くのが嫌なら構いませんが、できれば発表会がある教室の方がよいでしょう。なぜなら、練習の成果を他の人に見てもらったり、自分でも実感することがピアノを習う上で励みになってくるからです。


それと、先生自身の性格についても、相性が合うかどうかを見極めましょう。優しいタイプも厳しいタイプもいますが、前者は生徒とのコミュニケーションを大事にしている先生、後者はピアノの上達を重視している先生であることが多いようです。


ただし、厳しいからという理由だけで敬遠してはいけません。たとえ教え方が厳しくても、弾けるようになりたい曲をやらせてくれたり、上達のスピードが速いなどの良い点があれば検討すべきでしょう。


ピアノを習うために個人の先生を選ぶ場合は、自分との相性と、ピアノを楽しく学ぶことができるかどうかが大切なポイントと言えるでしょう。

≪ ピアノグループレッスンの特徴 | | ピアノ諸費用 発表会・グレードテストの料金 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.