ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ピアノを買う前にまずはキーボードでレッスン

ピアノを習うと決めたら、すぐにピアノそのものを買わなければと焦る人もいるようです。しかし、ピアノというのはとても高価な楽器なので、よく検討してから買いましょう。おすすめなのは、キーボードで習うことから始めて、レッスンを続けることができると確信してから買うことです。


楽器メーカーや大手の会社がやっている音楽教室で習うのであれば、ピアノを買う際には相談することもできるはずです。また、実際にいくつかのピアノを弾いてみて、自分に合うものを選ぶこともできます。


特に、幼稚園に通うくらいのお子さんやお年寄りが初めてピアノを習う場合、ピアノを弾くには指の力が足りません。そのため、慣れるまではキーボードの方がよいと言われています。それと、大人になってからピアノを習う人の多くは、弾きたい曲があって始めるものです。そうなると、気軽に弾くことができるキーボードの方がよいのではないでしょうか。


小さなお子さんの場合も、弾くのが大変なピアノから始めるよりも、軽いタッチでも弾くことができるキーボードがおすすめです。しかもキーボードは色々な音が出るので、音楽の楽しさを感じることもできるでしょう。


小さなお子さんにしてもお年寄りにしても、レッスンを重ねて指の力がついてからピアノを買っても遅くはありません。音楽教室においても、お子さんやお年寄り、あるいはリトミック系のグループレッスンなどの鍵盤導入コースではキーボードを用いることもあるほどです。


ピアノがなければ習うことができないわけではないので、じっくりと検討してから買うことをおすすめします。

| ピアノ教室と個人レッスンどちらが安い? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.