ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

イタリア語を話すには 2000語以上の単語が必要

イタリア語学習をしていく上で、上達の第一歩とも言えるのが単語の暗記です。イタリア語での日常会話に不自由しないためには、2,000語を超える単語を覚えなければいけません。


外国語学習においては、単語力が不足していると、自分の伝えたいことが相手に理解されづらくなりますし、内容の少ない会話しかできません。また、上手く伝わらずにストレスが溜まったり、誤解を与えることにもなりかねません。


逆に、単語だけの片言のイタリア語でも、なんとかコミュニケーションがとれることも少なくありません。文法を完全にマスターしていなくても通じる場合があるのです。実はイタリア語というのはスペル通りの発音に近いので、ネイティブにも意味が通じやすいと言われています。


英語と比べると発音がしやすいので、覚える時には読み上げながらやるのがおすすめです。また、読むのと同時に書き取りをしっかりとやることも、イタリア語上達には必要です。書く練習も怠らずに、正確なスペルで覚えていきましょう。


効率よく上達していくには、単語帳を使うのがおすすめです。単語帳を使うと、日常会話に不可欠な単語を覚えることができるので、ぜひ活用しましょう。


イタリア語の単語を約2,000語も覚えるのは容易ではありませんが、毎日いくつと決めて、地道に取り組むことが上達につながります。何度も繰り返し読み書きをして、定期的にテストなどを取り入れて、どのくらい覚えているかをチェックしていきましょう。

| NHKラジオ イタリア語講座はなぜ人気があるの? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.