ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

教育ローンはどこで借りるの?

小学校から大学まで子どもが通うとなると、それ相当の金額が必要になります。加えて最近では大学院に進学する人も増えていますので、子ども一人育てるにはかなりの貯蓄をしていなければならないと言えるでしょう。


しかし誰でもそんな大金を用意できる訳ではありませんので、そんな時は教育ローンを利用することになります。教育ローンを申し込みできる機関には大きく分けて国の機関と民間の機関があります。


国の機関としては日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)で、何よりも低い金利と長い返済期間が特徴です。ただし、融資の審査のハードルが高く、融資を受けるまでにある一定の期間待たなければならないというデメリットもあります。


その点、審査がそれほど厳しくなく、融資までもスムーズなのが民間機関による教育ローンです。しかし民間機関による教育ローンでは一般的に金利が高く、返済期間も日本政策金融公庫ほど長くはないという特徴があります。


民間機関と一口に言っても、教育ローンを扱っているのは銀行や信販会社、損保会社など多業種にわたりますが、それぞれの業種によってさらに特徴があります。民間機関の教育ローンの中で最も金利が安く設定されているのが銀行系で、利用しやすい教育ローンと言えるでしょう。


しかしながら、申請するにあたって用意しなければならない書類が多く、保証人を立てなければなりません。この点信販会社においては必要書類も少なく融資もスピーディですが、金利が高くなってしまいます。


銀行と信販会社の中間に位置しているのが損保会社の教育ローンで、保証人を立てることなくある程度安い金利で融資を受けることができるのが特徴になっています。

≪ 大学の費用っていくらかかりますか? | | 大学授業料・学費を借りるには ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.