ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

USBメモリを濡らしてしまったときの対処法

USBメモリを誤って水に濡らしてしまったときは十分に乾かしてください。乾いたら念のため2日ほどそのままの状態にしてからパソコンに接続してみます。


内部が破損していなければ保存してあるデータを読み込むことができます。ただし、一度水に塗れたUSBメモリはトラブルを起こしやすいので、データのすべてを他の記憶メディアに保存してそのUSBメモリは使わないようにしましょう。


■USBメモリの紛失に注意

記憶メディアとして一般的に使われているUSBメモリですが、紛失してしまうケースが増えているそうです。技術の進歩によりUSBメモリの容量が大幅に増えた分、保存するデータも膨大なものになります。


小さく、軽量なため持ち運びに便利ですが、大切なデータが入ったUSBメモリを落してしまったら大変なことになります。USBメモリにはキーホルダーや音のでる鈴、ストラップなどをつけるようにしましょう。

≪ USBメモリの耐久性 | | USBメモリ内のデータを消去 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.