ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

宅建の資格を取得すると就職にも有利になります

宅建の資格が、どのようなものでありいかに便利なものであるかはあまり知られていないのではないでしょうか。この資格は、国家資格であることや、不動産、建設、金融業界への就職の足がかりとなることから、近年大変人気の高い資格です。


就職活動などでも、高評価されることが多いために勉強する人も多く見られます。ただし、資格取得をするだけではなく、資格登録というものが必要となってきます。


この資格自体は、実は年齢制限や国籍、学歴など一切関係なくだれもが受験可能な国家資格です。ですから、受験者の年齢、性別も様々で、高校入学前の年齢の人が受験し合格したケースも実際に見られます。


合格率はそれほど高くはなく、簡単であるとは言い難い試験ではありますが、試験内容としては日々の暮らしに関係する問題も多く、勉強することによって生活に役立つといえるでしょう。この、宅建の資格を持っていれば、実際に宅建業者において宅建主任者としての勤務が可能となります。


しかし、年齢制限のない試験であると前述しましたが、実際に宅建主任者としての勤務をするために、、資格登録の後、主任者証といったものを交付してもらう必要があります。


この資格登録は、20歳以上でないとできないと民法で定められているため、若くして資格取得をしても実際に勤務が可能となるのは20歳を超えてからとなります。この交付には、まず講習の修了か2年の実務経験が必要となります。ですから、資格取得後すぐに宅建主任者として勤務できるわけではありません。

≪ 宅建の資格を取得すると給料が上がる | | 宅建資格合格後の登録について ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.