ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

宅建の資格を取得すると給料が上がる

宅建の資格を持っていることによって、自分の給料や今後に大きく関わってくるとしたら、素晴らしいと思いませんか?なぜ宅建資格の取得を目指す人が多いのかといえば、やはりスキルアップ、そして給料や昇進などに大きく関わる可能性が高いことでしょう。


たとえば不動産業界の場合、年収は700万円台前後、少なくとも500万円台以上である場合が多いとされています。これは宅建主任者の初任給での年収です。かなり条件のいい年収といえるのではないでしょうか。月収でみれば、20万円から30万円弱程度とされています。


基本的に資格手当といったものが給料に上乗せされることが多く、企業によってその金額は様々ですが、多いと5万円ほどの場合もあるようです。また、昇進にも少なからず影響があり、宅建合格によって昇進が早くできるというケースも少なくありません。2割弱という合格率は決して高いとは言えませんが、取得を目指す価値のある資格であるといえるでしょう。


また、不動産業界以外でも、スキルアップや転職、また独立などの目標のもとで資格取得を目指している人も多いですし、宅建の資格はほかの国家資格の取得を目指すための入門にもなりやすいものです。


宅建資格を取得した後に別資格を目指す人も多くいて、たとえば、行政書士の資格などは宅建の試験と内容が似ている部分もあります。宅建を取得した後に、行政書士や司法書士の受験を目指すケースも多々見られます。

≪ 宅建資格はなぜニーズがあるのでしょうか? | | 宅建の資格を取得すると就職にも有利になります ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.