ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

平清盛を育てた池禅尼(いけのぜんに)

平清盛の母については詳しく記されている史料がなく清盛を生んで間もなく病没してしまったとされています。幼い清盛を育てたのは藤原宗兼の娘で忠盛の後妻となった藤原宗子(池禅尼)でした。


藤原宗子は忠盛との間に家盛、頼盛をもうけ、忠盛が亡くなった後に京都の六波羅にある池殿に住んだことから池禅尼(いけのぜんに)と呼ばれるようになります。


池禅尼といえば平治の乱で捕らえられた源頼朝の助命を嘆願した人物として知られています。結果として頼朝の命を救ったことで平家が滅亡してしまうのですが、清盛の出世には池禅尼の人脈も大きく貢献していたようです。


池禅尼のいとこに当時の実力者藤原家成という人物がいました。藤原家成は鳥羽上皇の院の近臣として大きな力を持っていたため、池禅尼は藤原家成の邸宅に清盛を出入りさせ両者の結びつきを強めたとされています。


忠盛の後妻として平家の繁栄に貢献した池禅尼ですが、いつごろ没したかは不明です。

≪ 白河上皇と院政 | | 平清盛の兄弟 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.