ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

平清盛の父は白河上皇?

平清盛の父は忠盛ではなく白河上皇であるとする記述が一部の史料に存在します。


実の父親はどちらなのか?本当のところはわかりませんが、忠盛が武士で始めて昇殿を許され異例の出世をしたことから嫉妬の対象となっていたのは事実のようです。


さらに、清盛に至っては太政大臣にまで昇進し平氏一族は栄華を極めます。


そのため、清盛は白河上皇の御落胤で忠盛が出世をするために清盛を貰いうけたと悪い噂を流す者もいたのではないでしょうか。


信頼のおける当時の史料には清盛御落胤説に関する記述がまったく見られないことからも、清盛の父が白河上皇であるとする説に信憑性はないと考えられます。


*滋賀県胡宮神社(こみやじんじゃ)で発見された「仏舎利相承系図」という古文書には祇園女御の妹と白河院とのあいだにできた子が清盛であるとの記載があります。


産後亡くなった妹に代わりに祇園女御が引き取り、忠盛が自分の子として育てたとの説も存在します。

≪ 清盛の父 平忠盛 | | 祇園女御(ぎおんのにょうご)とは? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.