ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

長田忠致(おさだ ただむね)

長田忠致(おさだ ただむね)は、尾張国野間近辺を治めていた豪族で娘は鎌田正清の妻となっていました。鎌田正清は清和源氏(河内源氏)の嫡流源義朝(頼朝の父)の乳兄弟で義朝が最も信頼をおく第一の側近でした。


長田忠致は平治の乱で敗れ落ち延びる途中の義朝と鎌田正清を一時的に匿います。しかし、恩賞目当てに息子 景致(かげむね)と謀り入浴中の義朝を襲撃し惨殺!さらに鎌田正清をも殺害してしまうのです。


思惑通り平家から恩賞を与えられた長田忠致、景致父子ですが、頼朝が平家打倒の兵を挙げると今度は頼朝に従い各地を転戦します。


長田父子の参陣を許した頼朝ですが、父を殺された恨みは忘れていませんでした。平家が滅んだ後、用なしになった長田父子を義朝の墓前で処刑したと伝えられています。

≪ 貴族の官位、官職 | | 藤原摂関家(摂政・関白) ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.