ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

昇殿とは?

平安時代中期以降 天皇の御殿は清涼殿に定着し、近臣が職務を行うには清涼殿の南庇(ひさし)にある「殿上の間」に昇る必要がありました。


この「殿上の間」に昇ることが許されることを昇殿といいます。


武家で初めて昇殿を許されたのは武勇名高い源義家(八幡太郎義家)でしたが、義家は院の昇殿を許されただけなのに対し清盛の父忠盛と清盛は内裏への昇殿を許されます。


低い身分であった武家が内裏への昇殿を許されたことは驚くべきことでいかに忠盛が鳥羽上皇から信頼されていたかがわかります。

≪ 源氏とは(源氏の系図) | | 上皇と法皇の違いとは? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.