ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ニキビ跡・皮膚科、医療機関での治療

ニキビやニキビ跡に悩まされる人が多いようです。頻繁にニキビを繰り返している人も、中にはいるかもしれません。また、ニキビ跡が残りやすいという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。


ニキビがなかなか治らない人は、皮膚科などの医療機関での治療を受けてみましょう。医療機関での治療を行うと、ニキビ跡の改善も夢ではありません。ニキビの状態によっては、治療に時間がかかる可能性もあります。


しかし、自己流のケアよりも効果が出やすいのでおすすめです。また、医療機関では合わせて自宅ケアの方法についての指導も受けておいた方が良いでしょう。医療機関で治療を行っていく際には、外用薬と内服薬の方法が行われます。


外用薬には抗生物質が含まれています。この薬では抗生物質の菌を退治する効果を活かし、炎症を抑えていくことが可能です。また、抗生物質配合の内服薬もあります。内服薬の場合は、長期的な服用が認められていません。


体に負担をかけることがあるため、短期的の治療のみ使用されます。ニキビ跡がなかなか治らないなどの、頑固なニキビができた時にだけ使用するようにしましょう。


他にも抗生物質と併用して飲むビタミン剤があります。ビタミン剤として、コラーゲンやビタミンC、ビタミンB2などが処方されるようです。


コラーゲンは肌を美しく保つために必要です。また、コラーゲン生成にはビタミンCが不可欠です。ビタミンB2はニキビ原因の皮脂をコントロールする役割を持っています。

≪ ニキビ跡の改善には紫外線対策が重要です | | ニキビやニキビ跡ができてしまったときの化粧品 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.