ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

インナーマッスルを鍛えるチューブトレーニング

筋トレの中にはゴムでできたチューブを使う方法があります。このチューブの長さは3メートルほどで、ゴムの強さによって色が違います。赤or黄色は女性や年配者、青or緑は男性、黒or銀は筋トレに慣れている人に向いています。


このチューブは、そのまま使うだけではなく、家具や柱に結び付けることもできます。そのため筋トレのバリエーションが広がると、注目されています。チューブトレーニングには2つの大きなメリットがあります。その一つは、安全に使うことができる点です。


よく筋トレで使われるダンベルやバーベルは、かなりの重さがあるので、万がいち落としたりすると怪我をする危険性があります。もう一つのメリットは、インナーマッスルを鍛えることができる筋トレであることです。


ダンベルやバーベルが、体の表面の筋肉であるアウターマッスルを鍛えるのに対して、チューブを使った筋トレは、体の奥深くににある筋肉を刺激します。インナーマッスルが鍛えられると関節の動きもスムーズになります。その結果、肩こりや腰痛の改善にもつながります。


なお、チューブを使った筋トレはフォームが乱れやすいので、正しい姿勢で行うことを意識してください。それと、筋トレの動作はゆっくりと進めていくのがポイントです。ダンベルやバーベルによる筋トレで鍛えると逞しい体つきになります。そこにチューブによる筋トレを取り入れてインナーマッスルも鍛えて、内側からも健康的な体を手に入れましょう。

≪ 運動による消費カロリーと基礎代謝量 | | 筋トレ器具 バーベル・トレーニングベンチ ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.