ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

換気扇や除湿機・サーキュレーターを使って効果的なカビ対策を

一年で最も湿気のある季節は梅雨の時期です。ジメジメとして陰鬱な日の多い時期ですが、こんな時期にはカビが生えやすくなるのでカビ対策を行わなければなりません。しかし最近の建物は密閉性が高いこともあり、梅雨の時期だけでなく年間を通じて湿気がこもりやすい構造になっています。


特に気密性の高いマンションなどに住んでいる場合は、常にカビ対策に気をつけていなければなりません。効果的にカビ対策を行うためにはカビの繁殖しやすい条件を把握しておくといいでしょう。その条件とは、湿度が75%以上で室温が20度以上、そして食べかすなどの栄養分があることです。


つまりそれに当てはまらない状況を作り出してあげることが効果的なカビ対策へとつながります。まず何よりも湿気を抑えることが大切です。湿気がこもりやすいマンションなどではこまめに換気をすることで外気を取り込んで室内の湿気を外に追い出すことができます。もちろん雨の日などで外の湿度の高い日は効果はありません。


カビ対策で最も手こずるのが浴室やキッチン、トイレなどの水回りでしょう。浴室やトイレなどは窓が無い場合が多いため、換気扇を回すなどして空気を循環させるようにしてください。浴室に換気扇がない場合は、入浴後にサーキュレーターを回しておくことで、自然乾燥よりも短時間で床面や天井を乾かすことができます。


また、キッチンも揮発した油が空気を漂いやすくカビの絶好の栄養分になってしまいますので、料理の後なども一定時間換気扇を回したほうがいいでしょう。冬場は室内と外の気温差が大きいため、朝晩を中心に結露が発生しやすくなっています。


結露はカビの温床になりますので、除湿機を使用するなどして結露の起きにくい環境作りに努めてください。マンションのように気密性の特に高い住居では、効果的なカビ対策として除湿機が大活躍するでしょう。

≪ 押入れのカビ対策・スノコを使って湿気をとる | | カビの発生を抑える掃除方法 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.