ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

マンションのカビ対策・結露を防ぐ

最近のマンションは外気温に屋内の温度が左右されにくくするために高い断熱性を実現しています。そのため、気密性が高く通気性がよくないという環境になりがちです。このような状況では屋内に湿気が溜まりやすく、かつ換気がされにくいためカビが繁殖しやすいという結果を招いてしまいます。


この状況は一年を通じてあまり変わりませんので、このようなマンションではほぼ一年を通じてカビ対策を行う必要が出てきます。特に梅雨の時期になると屋内でも最も湿度が高くなりがちですので、エアコンの除湿機能を利用するなどしてできるだけ湿度を下げるようにすることが大切です。


カビ対策が最も必要なのが浴室やトイレ、キッチンなどの水回りですが、大体こういった箇所にはエアコンが設置されていないことが多く、除湿によるカビ対策が行いづらくなっています。こういった場合は換気扇をできるだけ動かしておくなどして意識的なカビ対策を行わなければなりません。


またマンションに特有な現象として知られているのが結露でしょう。結露を放っておくと窓のサッシなどにカビが繁殖してしまいますので、結露を抑えることも有効なカビ対策と言えます。結露とは、温かい空気に多く含まれている水蒸気が外気に触れる窓や壁などの近くで温度が下がり、含まれていた水蒸気が水滴となってしまうことが原因です。


冬場は屋内と屋外の気温差がどうしても大きくなってしまいますので、結露ができやすくなります。このことが最近冬の時期でもカビ対策を行わなければならない理由の一つでもあります。
結露を防ぐためにはできるだけ換気を行うことです。さらに除湿機を活用することで屋内の湿度を下げるように心がけましょう。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ カビ対策・まずは換気と除湿から | | お風呂場のカビ対策・汚れと湿度 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.