ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

高卒認定試験・合格しやすい4つの理由

高卒認定試験の科目数は、現代社会を選択すると全8科目、倫理と政治・経済を選択すると全9科目です。これだけを見ると合格するのは大変だというイメージを抱くかもしれませんが、高卒認定は実は合格できる確率が高い試験なのです。その理由を以下に説明するので参考にしてください。


・複数回の受験ができる
高卒認定試験は、一度に8科目あるいは9科目の合格が必要な試験ではありません。もしも不合格の科目があっても、合格した科目は認定されます。つまり不合格の科目については次の試験で合格をするように頑張ればよいのです。


・合格点が低い
高卒認定試験は、各科目とも40点以上で合格できると言われています。資格試験などの中には8割以上は得点しないと合格しないようなものもあるので、それに比べると、それほど難しくはないようです。


・年に2回チャンスがある
初めは年一回であった試験も、今は年二回実施されています。そのため、たとえ不合格の科目があったとしても、すぐに猛勉強をして忘れないうちに次の試験を受けることができます。


・定員がない
高卒認定試験においては、合格点以上であれば全て認められます。何人までという定員がないので、頑張って勉強をすれば合格する確率も上がります。


このような理由で合格しやすいと言われている高卒認定試験ですが、忘れてはいけないのが、「高卒認定試験の合格=高卒」ではないということです。あくまでも、高校を卒業したのと同等の学力があることを認める試験です。

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.