ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

高卒認定試験・過去問を使った勉強法

高卒認定の試験勉強では、過去問題にチレンジすることもとても大切です。過去問題は、試験の範囲や出題形式を知るためには、最も確実な手段だからです。また、試験の難易度や自分の理解度を把握する目安にもなります。


試験勉強を始める前に過去問題を見れば、ある程度は苦手な科目や分野が分かりますし、逆にそれほど力を入れて勉強しなくても大丈夫という部分の見当もつくはずです。それを基にして、自分なりの高卒認定の試験勉強のスケジュールやプランを立てることができます。


高卒認定試験を受ける人の中には、仕事をしながら試験勉強をする人も少なくありません。そのような人は試験勉強に多くの時間をとることができないので、過去問題を利用する方法で効率よく勉強する必要があります。


高卒認定の過去問題は、書店で売っている問題集や、インターネットの高卒認定関連サイトで見ることができます。高卒認定はもう何年も行われているので、かなりの数の問題があります。また、物足りないという人は、以前あった「大検」の過去問題を解いてみるのもよいでしょう。


過去問を解いてみるという勉強法はとても良いのですが、注意すべきなのは、問題や解答を「暗記するだけ」にならないことです。きちんと理解をした上で、自分の力で解答できたのかどうかをしっかりと見極めましょう。


ただ単に丸暗記をしたのでは、問題の形式が変わった時や応用問題などには対処できなくなります。過去問題を利用することで、効率よく理解を深めていくことができるので、ぜひ活用してください。

≪ 高卒認定試験の免除科目とは | | 高卒認定試験・合格しやすい4つの理由 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.