ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

邪馬台国の南に位置し、邪馬台国と対立していた国は?

邪馬台国は29の小国を従えていたとされていますが、邪馬台国の南にある国とは対立関係にありました。この国の名前は何でしょう?

答えはこちら

狗奴国(くなこく)です。

狗奴国は邪馬台国の南にあり、男性の王(卑弥弓呼 ひみここ)が治めていました。邪馬台国の女王卑弥呼とは対立関係にあり戦争も行ったようです。

緊張状態が続く中で卑弥呼が死去します。その後の狗奴国については消滅したとする説、勢力を維持して熊襲(くまそ)になったとする説、勢力を拡大して大和朝廷になったとする説などが存在しますが、史料がないので詳細は不明です。

≪ 邪馬台国の女王 卑弥呼が魏の皇帝から下賜されたものは? | | 邪馬台国の所在地を巡り論争(邪馬台国論争)がありますが、有力な2つの説とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.