ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

邪馬台国の女王 卑弥呼が魏の皇帝から下賜されたものは?

239年に邪馬台国の女王卑弥呼は魏に使者を送り朝貢を行います。このとき魏の皇帝(二代皇帝の明帝)から卑弥呼に贈られたもの3つをあげてください。

答えはこちら

「親魏倭王」「金印」「銅鏡100枚」です。

「親魏倭王」は称号で、魏が卑弥呼を倭国の王として認めるという意味です。

「親魏倭王」と刻まれた金印も与えられたと推測されていますがいまだ発見されていません。

「親魏倭王」の金印は「漢委奴国王」の金印と混同しがちですが別物です。

銅鏡については日本の古墳から発掘された三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)が魏から下賜された銅鏡だとする説がありますが、はっきりしたことはわかっていません。

≪ 邪馬台国が魏に朝貢するときに中継地となった場所は? | | 邪馬台国の南に位置し、邪馬台国と対立していた国は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.