ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

弥生時代に使用された銅と錫(すず)でできた金属器は?

大陸から伝わり、弥生時代になって普及した銅と錫(すず)でできた金属器は何でしょう?

答えはこちら

青銅器(せいどいうき)です。

銅と錫(すず)からできる合金が青銅です。青銅で作られた金属器を青銅器といいます。

日本では剣や鉾(ほこ)などの武器や、祭器用の銅鐸(どうたく)として使用されました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.