ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

弥生時代 山腹や丘陵につくられた集落は?

弥生時代中期から後期にかけて出現するようになった、山腹や丘陵につくられた集落を何と呼んでいますか?

答えはこちら

高地性集落(こうちせいしゅうらく)です。

弥生時代中期になると海抜100mを超える山腹や丘陵に集落がつくられるようになりました。

大陸から稲作が伝わり貧富の差が生じ争いが起こるようになります。

軍事的な面から高地に集落ができたと考えられています。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 佐賀県神埼郡にある弥生時代の遺跡名は? | | 濠(ごう)や土塁(どるい)で周囲を囲った集落は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.