ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

稲の穂先を刈るときに使われた石器は?

稲の穂先を刈るときに手に持って使用した石器を何と呼んでいるでしょうか?

答えはこちら

石包丁(いしぼうちょう)です。

石包丁は半円形をした石器です。弥生時代中期までは、稲の穂先を刈り取る穂首刈りが行われていました。

その際に石包丁を手に持って稲の穂をつかみ刈り取りました。

≪ 弥生時代に行われた、米の収穫時に稲の穂先をだけを刈り取る方法は? | | 穀物を保管した倉庫は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.